北九州市からの引越し見積もり|安くする方法

北九州市から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、北九州市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

北九州市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

北九州市から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
このページの下の方にある、各引越し先別のページからごらんください。

 

北九州市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北九州市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北九州市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北九州市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、北九州市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越しの料金相場ってだいたいどのくらいなんでしょう?引越しをする前には、まずは、見積もりを比較検討をして引越し業者と契約をするのがよいでしょうね。実際、引越し料金って業者によってかなり違います。まずは見積もりをもらって比べてみてやっとどのくらいの料金で引越しできるのかその他サービスがどうなっているのか、比べてみることができるのです。引越し前に見積もりをするのは、どこの引越し業者でもやってくれます。引越しの見積もりにはネットや電話で引越し会社に見積もり依頼の連絡をします。すると引越し会社の担当が来て、料金を計算してくれます。どうやって引越し料金を計算するかは、基本的にどこの業者も似たようなものですが、荷物全体の容積を計算するとともに、大きな荷物もどれくらいあるのか調べられます。さらには転居先までの距離ですとか引越し先の搬入経路の確認など、などから、トラックの大きさや作業人員を見積もりして金額を計算します。見積が計算し終わったら、各社の見積もりを比べて契約する業者を決めるのですが、数社見積もりをしてもらうことで、各社のサービス内容に差がない場合は、価格の差がどれくらいあるのかを知ることができますし、値段がほぼ同じくらいだったら、サービスの違いを知ることができますからやはり引越しの見積もりは数社比較をしてみることでお得な引越し会社を見つけることができますね。

 

■引越しの見積もり比較
引越し会社を選ぶには、見積もりを比較するとよいです。引越し見積もりを比較するといっても、どんなところに注目をしてみるとよいかということですが、まず、見積もりを比較する場合には、金額を比較するのはその他のサービスの面でも比較しておくとよりいいのではないでしょうか。例えば、引越し業者の見積もりを比べる場合は、引越しプランが同じであってもダンボール他梱包材の違いがあったり、ハンガーボックスや布団袋あるのかとか梱包材料はどんなものまで含まれるかも引越しの見積もりを比較する際には注意してみるとよいでしょう。例えば引越し業者と契約時に、なにかのプレゼントがもらえるとかサービスを行っているところもありますし、タンスの中身は出さないでそのままでOKのこともありましし、中身を出さなければ運べないというところもあります。引越し会社から見積書をもらったら、ほかにも数社に引越しの見積もりを依頼して、値段とサービス内容について比べてみるのがいいですね。見積を比較することによって、金額ではどの引越し業者が安くて、サービスはどの引越し業者がいいのかということが比べてみることができます。ですから、比べてみると業者によってかなり差があったりすることも多く、何社かの見積もりを比べて選ぶと損をすることがありません。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金は、何をもとにして決まってくるのかということなのですが、引越し料金はどのような内訳になっているのかというと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから料金を計算しています。最初に運送費についてなんですが、基本的に運賃と作業料が運送費になっています。どのくらいの大きさのトラックが必要なのか、引越しをするために必要な作業量引越し先の距離などによって引越し料金は違ってきます。使用するトラックが大きくなればなるほど引越し料金の値段は高くなりますし、また、トラックの台数が多くなるほど引越し料金の値段は高くなりますし、もちろん、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は高くなりますし、その他人件費についてですが、これは作業に必要なスタッフのことで引越し業者の作業員の数が多ければ多いほど引越し料金は高い価格になります。そして梱包費と交通費なのですけれど梱包費は梱包に使用するダンボールなどや梱包作業になります。交通費については高速や有料道路の料金ですから通行しなければ必要ありません。そして、保険料がありますが、保険の有無については注意しておきましょう。何か傷がついたりトラブルがあったときに保険に入っているか入っていないかは重要なポイントになります。引越し料金はこのような内訳になっています。最近は、業者間の競争も激しいので、いろいろサービスがありますので、よく比較をして選ぶとよいでしょう。

 

■引越しのオンライン見積もり
引越し見積もりにインターネットを利用する人も多いです。中でも一括見積比較サイトというものが最近人気になっています。インターネットから、色々と引越し先の条件を入力することで、一度入力をするだけで複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこの一括見積比較サイトの特徴です。多くの引越し業者に自分で見積もり依頼の連絡をするのはなかなか大変ですが、このシステムですと、入力は一回だけで済んでしまうので、最近では知名度もあり、利用する人の人数も大変多くなっています。ただ、この見積もりを利用しただけでは、かなりアバウトな料金しかわからないので、具体的な引越料金を見積もりしてもらうには、引越し業者の担当者に来てもらって、見積もりをしてもらわなければなりません。一括見積り比較を使うことのよい点というをのは、自分でたくさんの引越し業者に見積もり依頼をしなくてもよいという点で、自分が知らなかった引越し業者からも見積もりをもらうことができます。各引越し会社を比の見積もりべることで最もお得に引越しができる業者がわかりますから、最も条件のよい業者に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は業者によってかなり差がありますから、お得に引越しをしたい方はぜひ使ってみるとよいですよ。

 

■引越し業者の種類
引越しはそんなに頻繁にしないので引越し業者といってもよくわかりません。引越し会社といってもいろいろな引越し会社があります。例えばテレビCMをやっているような大手の引越し業社だったりその地方に根差しているような中堅業者もあります。また、赤帽のような軽貨物運送業者もあります。そのように多くの業者が引越し業社にはありますがどの引越し会社を選ぶのかは、自分の引越しに合った業者を考えればいいと思います。例えば、引越しをするといっても、一人暮らしで、最近は、家具や家電がすでに用意されているような賃貸物件もありますので、こういったところに引っ越しをするなら、大手の引越し業社を頼む必要はなくて、赤帽や単身パックのようなもので十分事足りると思います。同じように、独身者の転勤などの場合でも、ほとんどの業者では、単身パックのようなサービスがありますので、そのようなものを頼めば、わりと簡単に単身の引越しができるのではないかと思います。こんなように、引越し業社は自分の引越しのスタイルや引越しの規模に合わせて決めるのがよいのではないでしょうか。また、引越し料金は業者によってかなり違いますので、複数の会社から見積もりをしてもらって比較をして、価格を比べてみるだけでなく、サービス内容についても確認をして、最も条件のよい会社を選ぶとよいですね。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者に引っ越しを依頼する場合には、自分の荷物の量などの都合によって、それに合った業者やパックを選ぶのがよいでしょう。例として、一家そろって引越しをするような場合、人数も多ければ当然ですが、沢山の荷物がありますから、引越しもそれなりに大仕事になります。小さな子供がいれば、子守もしながらになりますし、一家そろっての引越しの場合は、その作業量というものを考えて、引越し業者やサービスパックを選択するのが賢明です。赤ちゃんがいる家庭の場合であったり、お年寄りの方も一緒に引越す場合は、引越しの準備もなかなか大変ですし、家族も仕事が忙しい場合では、仕事をやりながら、家の引越しの準備をするので、思うように進まないのではないでしょうか。こういった場合に便利なのは、梱包作業から全部請負ますというような、荷造り、梱包作業も引越し業者に任せてしまえるようなサービスのある引越し業者に依頼することによって、引越し業者がやってくれるので助かると思います。それに対して、単身引越しの場合は、荷物も一人分しかありませんので、家族で引越しをする時に比べれば、一般的には大変な引越しにはならないと思います。引越し業者の単身パックのようなサービスを依頼すると、簡単で、料金的にも安く引越しをすることができると思います。人数が多い場合と違って、単身の場合は引越しもわりと楽なので、単身パックのようなサービスを選べば、難なく引越しも住んでしまうと思います。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングというのは、これから引越しをする予定がある人にはとても参考になる役に立つ情報だと思います。ランキングで上の方になっているような引越し業者ですと、実際に、良心的な、価格やサービスの業者が多いと思います。このランキングは、どこで掲載されているかというと複数の引越し業者の一括見積ができるサービスのサイトなどでよく載っていたりします。例えば引越し業者のランキングでは引越し料金見積が安かった業者や電話や営業マンの態度がよい業者の評価や引越し作業員の態度がよかったかという評価やスピード、サービス全体などを見て評価がされ、ランク付けがされています。近々、引越しをする予定のある人にとっては、引越しはそんなに頻繁にしないからよくわからないという人が多いと思いますけれど、そういう方の場合、このランキングの評価を見てみると実際に頼んで、どんな感じだったのかというのがわかります。また、口コミ、評価、感想なども掲載されている場合も多く、実際に利用した人の率直な感想が書かれているので、実際にどうなのかということがよくわかるので、必ず見ておきたい情報ではあります。

 

■引越しの追加料金
引越し業者を頼む場合には追加料金というのは通常は、発生することはないはずです。引越しの料金は見積もりをした時に決めて契約をした料金が全てです。そういうことで、それを後になって、それとは別に費用がかかるということは基本、ないといってよいのです。例外として、発生するケースとして見積もりをした時の荷物の内容や量、引越し先の前の道幅や搬入経路などが見積もりの根拠となる条件と違う場合では追加の費用が必要になる場合もあります。正しい情報が伝わっていなくて、もし、当日業者が乗ってきたトラックに荷物を積み切れなければ、さらに往復をしたり、別のトラックを用意するなどして荷物を運ばなくてはなりません。見積もりをしたときに正しく自分が情報を伝えていないで当日このような問題が発生してしまったら、追加で費用を請求されることになっても仕方ありません。また、当日、引越し業者に頼んでおいた時間になってまだ、荷造りができていなかったりして、引越し業者も梱包作業をしなければならなかったというケースも追加で料金を請求されても仕方ありません。追加で費用が必要になるケースというのも契約をする前には確認しておくとよいでしょう。引越しの当日にあわてないようにするためにも、追加の費用がかからないようにするためにも、荷造りなどの準備は前日に終わらせておくようにするのがよいですね。

 

■単身引越し
自分ひとりで引越しをする場合は、単身引越しパックのようものが便利です。単身の人、学生の一人暮らしの人の場合には、家族の引越しとは全くタイプが違っていると思います。独身者でしたら、ふつうは家具や家電もそれほど大きなものはないですし、特に男性の場合などは、荷物もそれほど多くないでしょう。単身引っ越しの場合は、家族の引越しにあるようなダンボールなどの無料サービスや保険などは、それほど必要ではないでしょう。それよりも、引越し作業の価格をもっと安い価格にしてもらったほうがありがたいのではないでしょうか。単身の引越しの場合には、梱包も簡単でいいですし、引越し先まで、荷物を運ぶトラックの助手席に一緒に乗って行ける、というサービスをやっている引越し業者が多いです。単身の引越しには単身の人の、学生の一人暮らしには学生の一人暮らしに適している引越しプランもありますので、そのプランで頼んだ方が、価格的にも安いと思いますし、それ用のコンテナなども用意されているので便利だと思います。いろいろな引越し業者が単身引っ越しパックを用意されていると思いますから各社の特徴などもチェックしてみて、各社の単身パックを比較検討した中で、最も自分にとって都合がいいサービス内容と料金のものを選ぶとよいです。家族の引越しを比較すると単身引越しの場合はたいていは、それほど費用も高くならずに済んでしまうでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
引越しのらくらくパックについて紹介したいと思います。引越しのらくらくパックというサービスは大手の引越し会社などであればたいていありますが、呼び方ややってくれることもその会社によって違いますが、例えばクロネコヤマト引越しセンターの場合は引越しらくらくパックという商品名になっていますが、日本通運の場合は、ゆうゆうこんぽという名前になっていますし、松本引越しセンターではおまかせコースという商品名だったはず。引越し業者が荷物の梱包作業から荷物の搬出から搬入まで荷解きから家具の設置までやってくれるというプロの引越し業者が全部やってくれるサービスというのがらくらくパックというものです。引越の作業を全て業者に任せることができるとはいうものの荷造りをする前の荷物の仕分けなどに関しては、自分がしておくべきことはあると思います。引越しのらくらくパックのサービスで、梱包の解体まで含まれている引越し業者の場合も、梱包を解体してダンボールなどは片づけてくれますが、それ以上、全てやってくれるものでもありません。それでも通常の引越作業に比較して、少し費用は掛かると思いますが、通常こちらでする作業も業者がやってくれますし、実際に、楽に引越しができるのは間違いないですね。赤ちゃんやお年寄りがいる家庭では思うように準備もできないものですからこういったパック商品を利用するのが、その分の価値はあると思います。

 

北九州市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北九州市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北九州市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北九州市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、北九州市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
引越しするのに特に引越し屋さんに頼まなくても大丈夫と考えてる人も一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越し屋さんを使わずに自分で引越しする場合の、いい点、悪い点などについても、その辺も考えてから決めるのがよいかと思います。最初に、引越しを自分ですることのメリットはあたりまえのことですが、引越し屋さんの料金が必要ありませんから、その分のお金がかからないで引越しができます。さらには、自分でやってしまった方が、気楽にできるというのもあるようです。引越し業者に頼むと、初めて会う引越し業者の作業員に、どうするのかいろいろと説明したり予定外のこともなにかと起こりえますし、作業はしてもらえますが、なにかと気疲れするものです。引越しを自分で行うと家族や仲間など知っている者だけでやるわけですから、業者を頼む場合に比べて気楽にできるかもしれません。引越し業者を頼まないで引越し作業をするのは、メリットだけでなくこまったところもあります。引越し業者を使わない場合のデメリットは、意外にも、引越し業者に頼んだ方が安かったということになってしまうかもしれません。例えば友達に手伝ってもらってそれなりに食事をおごったりしますし、トラックやワゴン車などを借りてきたり結局、引越し屋さんにやってもらうよりも高くついてしまったということは多いようです。また引越し業者を頼まないでする場合には、引越し屋さんのように、それを専門にやっているわけではありませんので、素人が引越しをするので、思ったより荷物が多くて積みきれなかったとか、トラブルもいろいろと発生するものです。そういうわけで、引越し業者を使わない方法はメリットもありますがデメリットもありますからその辺も考えてから決めてもよいかと思います。

 

■引越しの手順
引越しっていざやってみると大変ですよね。気持ちばかりが焦ってしまうかもしれませんが、引越し作業をスムーズにこなすには手順というものがあります。いつ引越しをするのか、それまでの段取りをどうするかといった計画といいますのがしっかりできているかでスムーズな引越しができるかどうかのカギになります。この引越しの手順がしっかりしていれば、無駄なお金や時間を使わずに、効率よく引越しを済ませることができるでしょう。なんといっても引越しのスタートは、引越しのプランから始めましょう。引越し予定日をいつにするのか、どの引越し業者に依頼するのか、当日の大まかな時間配分なども計画しておきことが必要です。引越しの計画をきちんとつくっておくことで引越しが上手く済ますことができるかどうかはかかっていると思います。引越しのプランが立てられたら次は、いきなり荷造りを始めるのではなく、まずは必要な荷物と持っていかない荷物を分けて捨てるものは整理するという荷物の量を少なくすることが必要です。ある程度荷物の処分ができれば荷造りもスムーズになります。先に必要ないものは捨てておかないと、荷物の仕訳をしながら荷造りをしますから時間ばかりかかってしまいます。無駄な時間を使わずに荷造りを終わらせるには、ある程度のいらないものを整理することが必要です。そして引越しの当日になって、荷物を運び出して、新しい家に運んで搬入後の荷物の後片付け、というように引越し作業を行っていきます。その他にも、引越し前にご近所への挨拶や引越し先でのあいさつなど引越し当日はなにかと大変です。

 

■引越しの計画
引越しを効率的にやってしまうためには、計画的に行うことが、最も大切ということができます。この引越しの計画をきちんと立てておかないと上手く引越し作業を進めることができません。引越しを効率的にやってしまうためにも、引越しの計画を事前にしっかり立てましょう。まずは、引越しの予定日ですが、引越しの時期というのも関係してきます。春先の月月は転職や入学、就職によって引越し業者も忙しくなりますので、引越し業者の値段も高くなりますし、アルバイトの作業員が多かったり引越し予定日に空いている引越し業者がなかったりします。ということからも、引越しの日はなるべく早めに決めておいてできるなら繁忙期はやめておくほうが賢明でしょう。ほかにも、時間によっても変わります。引越しをする時間帯は時間帯が遅くなれば遅くなるほど安い金額になることがありますので、自分がいつ頃引越しを考えているのか引越しの時間についても考えてみましょう。引越しの計画がある程度できたら、次に引越し会社を数社選んで引越しの見積もりをしてもらいましょう。引越しの見積もりが終わって比較ができれば最も条件のよい引越し業者を選ぶことができますので、大まかな引越しの計画が出来上がると思います。依頼する引越し業者と日取りが決まってしまえば細かい部分はおのずと決まってくるかと思います。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物はできるだけ減らすのがいいですね。引越しというのは持ち物を整理する絶好のチャンスでもあります。また、荷造りに取り掛かる前に、引越しの荷物のある程度の仕分を先にしておくことで荷造りの作業も効率よくできるでしょう。例えば、まずは、いらない洋服を整理しましょう。めったにしか着ない古くて着なくなった洋服を処分することで引越しの荷造りはスムーズになります。そして引越しの準備をしている段階で不用品も出てくるかもしれません、どう処分をするのがいいか決めます。リサイクルショップで引き取りしてくれるものか粗大ごみとして処分するものなのか不用品の処分についてもあらかじめ仕分しておけば荷造りの時になってあわてなくてすむと思います。家電などは種類によって、リサイクル法で業者に頼んでリサイクルに出してもらわなければいけないこともありますから、必要な電化製品、使わない家電などの整理も先にやっておくとよいでしょう。引越しの荷造りに入る前に荷物の仕分をしておくと荷物の量を少なくしておくことができますので、荷造りの作業もはかどりますし、引越しをすることになったら、できればすぐにでも、持っていくものの整理に取り掛かるとよいと思います。

 

■引越しの荷造り
引越しをするときの荷造り方法についてなのですが、引越しの荷造りのポイントとして梱包方法に気をつけてみましょう。最近は梱包まで請け負う引越し業者も多くなっていますが、自分で引越しの荷造りの梱包をする場合には、ふさわしい方法がそれぞれの荷物の種類によってありますから、それについてご紹介しますと、皿やグラスなどワレモノの梱包の場合に、引越し業者がやってくれるなら、壊れやすいものはやはり引越し業者任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包のやり方がありますからそれに合った梱包をしてもらうことが引っ越し業者なら出来ると思います。食器の梱包を自分でする場合には、新聞や緩衝材などで割れない対策をしておきましょう。引越しの荷物には手荷物で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも無くしてしまったら自分の宝物や貴重品などは自分で持って行かなくてはなりません。例えば高い宝石や装飾品など実印や預金通帳など現金やキャッシュカード、不動産関係の書類などは自分で持って行った方がよいものになります。搬入をする際にも便利なようにどの荷物になにが入っているのかわかるようにマジックなどでわかりやすく書いておくと、どこに運び込むものかを書いておくと荷物を片づける作業もはかどると思います。

 

■引越しの当日
引越しの当日というのは、基本的に引越し業者に任せておけばよいのですが、こちらは、何もしなくてもいいというわけではありません。まずは、引越し業者が仕事がしやすいように指示をすることで、引越し作業が効率よくにできるようになります。特にば大物の家具などは先に、配置図を引越し業者に渡しておくと引越し会社の作業員も仕事の組み立てがしやすくなります。あるいは、配置図を準備しておくというこのまではしなくても、当日適切に指示をしてあげれば引越しがスムーズに進みます。引越しの当日は作業が無駄なく進むように、先に、大まかな当日の作業予定や終了時間確認、ダンボールなどを先に玄関先に出しておくなどしておけば、無駄な時間を使わず作業をできます。もしも特殊な物の搬送がある場合には、引越し業者に見積もりの際に確認をして運べないといわれた場合には専門の業者に頼まなければいけませんからそちらも引越しの当日までに手配しておく必要がありますね。引越しの当日は引越し業者に全部任せておけばよいと思っている人もいるかもしれませんが、決してそうではなく引越しの当日も引越し業者にいろいろと指示を出したりといったように、引越し作業がはかどるように依頼する側もスタッフのお手伝いもしなければいけないので何かとたいへんだと思います。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しをするために準備しておくものについてですが、準備と言えば、荷造りからなわけですが、誰でも、ダンボールは一番最初に思いつくのではないでしょうか。ダンボールが必要なのは誰でもわかるのですが、問題は、もちろん、それも、人によって違いがあるかとは思いますが、だいたい一人あたり箱くらいが目安なのではないかと、聞いたことがありますんで、そのくらいは、準備をしておけばよいのではないでしょうか。段ボール箱は、引越しの業者を決めたときや見積もりの際に無料でサービスとしてもらえることもありますので、自分でどこかからもらってきたり、買ってきたりする必要はありません。また、ワレモノなどもあると思いますから、プチプチシートとかそういったものも必要です。こちらはホームセンターなどで量り売りされていますから、食器や壊れ物を包むときに使用しましょう。グラスやお皿などを梱包するためには、新聞紙も必要です。新聞紙は、ワレモノ以外にもいろいろ使えますので、わりとたくさんあってもいいのではないでしょうか。あとは、ガムテープやひもなどももちろんもちろん、必要になりますよね。また、これも当然必要ですけど、カッターナイフやハサミも必要ですし、軍手もあると助かることが多いです。それから、一つ一つの箱を搬入の際に、どの場所に運んだらいいかわかるように書くために、マジックも一本もっておきましょう。

 

■引越しと防震
引越の際に、防震対策もしておくというのは合理的です。ここ最近では、主な引越の会社さんでも引越しの際に防震グッズを設置してくれるサービスが用意されている業者も多くあります。地震対策のためのいろいろなグッズなども引越し業者にはあります。たとえば、引越した家に家具を配置した後に地震の時に家具が倒れないようにする家具の固定金具を取り付ける方法ですとか、家具を置く下や家具を積み重ねる間に免震用のシートを入れておくという方法もあります。家具の運搬、設置が終わってしまってから、そういったものを下に敷こうというのは大変です。引越の忙しいときに、そんなものを自分で準備するのも手間ですし、引越し業者の人にやってもらえば、すべて引越しの時に同時にやってもらえますから都合がよいですよね。このようなオプションでは、引越し業者によってプランや取扱のある地震対策グッズは違っていますし、そのオプションの料金にも差があると思います。各社のパンフレットやホームページにどのような地震対策をしてくれるのか書いてあると思いますので、まずはそれを見てから各社比べてみるとよいでしょう。引越の際に地震対策もやっておくということは、ぜひやっておきたいことですね。通常は引越し会社の方から地震対策を強く勧めてくるわけでもないので、やっておきたい場合は、こちらから依頼をしておくことが必要です。

 

■引越しの各種手続き
引越しの時の電話ですとか、電気、水道、ガスの手続きについてちょっとメモしておきたいと思います。はじめに、引越し先が同じ局番区域以外なら、電話番号は変更になりますから、引越しの予定が決まったら116番に電話して、電話の移転の手続きをしておかなければなりません。電力については、引越しをする日から週間くらい前に連絡をします。解約の手続きをしておかなければなりません。電力会社が変わる場合には、やはり事前に電話をして、入居時に電力が使えるように手続きします。引越しのガスの手続きですが、電気と同様に、連絡をして、それぞれ解約と新規申し込みの手続きをします。これから、引越して行く先では、引越しをしたらすぐにガスが使えるように、連絡して手続きをするとその日になったら、作業員が来て、点検などして、ガスが使えるようにしてもらいます。引越しが決まったら、水道局には、引越しをする1週間くらい前には、連絡をして、退去日で止めてもらいます。同時に、引越し先の水道局にも申込みの手続きをします。電話やライフラインの移転手続きはだいたいこんなものですが、引越しのこれらの手続きは、賃貸不動産などに引越しをする場合には不動産会社がやってくれる場合があるので、自分で電力会社などに手続きをする必要がないこともあり、それに対して、新築物件に入居をするときは、これらの手続き以外の手続きが必要になってくることもありますからそちらは各自確認してみるといいでしょう。

 

■引越しの色々な手続き
引っ越しの際の手続きもいろいろあって忘れないようにしなければいけませんね。住民票の移動など、役所に関わる手続きの他にも、例えば、契約をしている新聞があったらその他にも、銀行などの住所変更をしておくことも他にも、保険にもいろいろ入っていると思いますが、住所変更をしておかなければならないことがあります。例えば保険の場合には、だいたいは生命保険や自動車保険ですけれど、他にも、いろいろ種類がありますから、そういったものも、全部住所変更の手続きが必要になりますね。また、引越しをした場合は、郵便局にも手続きをします。郵便局に引越しをすることを伝える転居届けを出しておけば、引越し前の住所に郵便物が送られてきたら、自動的に引越し先の住所に郵便物などを届けてくれるサービスを行っていますから、郵便局に引越しの手続きをしておくといいと思います。まだ他にも携帯電話も住所変更をしなければいけませんし、インターネットの回線も移転の申込みをしておけば、入居をした日からインターネットを使えるようになりますので便利です。

 

■北九州市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
北九州市役所(本庁) 住所:〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号

 

【電力】
九州電力
小倉営業所 0120-986-101
北九州市小倉北区・小倉南区・門司区・戸畑区

 

八幡営業所 0120-986-102
北九州市八幡東区・八幡西区・若松区・戸畑区(一部)

 

【ガス】
西部ガス お客さまセンター 093-622-0266
月〜金(祝日除) 9:00〜19:00
土(祝日除) 9:00〜17:00

 

【水道】
北九州市上下水道局お客さまセンター. 093-582-3031.
(月曜から土曜日 8時30分から19時)

 

北九州市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
北九州市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
北九州市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
北九州市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、北九州市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド